わたしの不妊治療から妊娠に至るまで

不妊治療から妊娠、出産までの奮闘記です。

顕微授精 胚移植の日

2016年7月8日

 

今日はいよいよ胚移植の日。

 

リラックスしようとしても、緊張してしまう。

朝から愛犬・チャンカマルを散歩に連れて行く。

なんと普段は1回のところ、2回もウン◯をして、運を落としてくれ、私はその運を拾い上げたのだから、出だしは好調‼︎

 

半日入院ということで、昼の12時に来るよう指示があり、12:20にまさかの筋肉注射!( ゚д゚)

久々かつ、完全に不意打ちだったので、物凄く痛かった…

 

12:50に移植前最後のトイレ。

 

部屋に戻ると、すぐに看護師さんが迎えに来てくれ、採卵の時と同じ手術室へ。

 

本当にものの10分くらい。

 

ただ、今日に限って珍しく便秘。

更にお腹もすいていたので、エコーに少し影響した様子。

今度から気をつけます…

 

卵は白く見えました。

 

期待の星が一つあるからね!と先生。

 

受精卵を戻すのに、痛みはほとんどなかった。

勿論、無麻酔。

 

ただどういうわけか卵がお腹に戻った時、涙が溢れて仕方なかった。

 

頑張って生きて欲しい。

心からそう願い、祈った。

涙が次々と出て来るのに対して、その明確な理由は分からないまま。

 

そして、そこからタンカで病室に戻り、うつ伏せで2時間寝転んでいなくてはいけないので、これが実際辛いのです。

が、こんなの辛いうちに入れてはいけないと自分を励ます。

 

ここからはもう無抵抗。

どうあがいても、私の意思では動けない、いやむしろ今は動くな。笑

 

今日、この日のために、この日があったから、色々と達成して来られた。

 

・ホームページ立ち上げ

・女性クラス確立

・親子クラス確立

・小学校の親子行事講師

・親知らず抜歯

・8キロ減量

・試合復帰

 

時は常に流れて変化していて、問題は次から次へと、やることはどんどんと増えて行くけど、自分の中で決めたことは成し得たかと。

 

先週の大会で、私の生徒が東日本大会で準優勝。

正直これからまだまだ教えたいこと、やりたいこと山積み。

だけど、とりあえずここまで来られたことに感謝。

 

 

写真は移植後のうつ伏せ状態。(撮影・母。笑)

この状態で、お茶と好物のすじこおにぎり二つを食べました。笑

f:id:mstism:20170221154412j:plain

 

 

 

 

本日の会計  ¥225,720-  胚移植・その他処置

2016.5.20    ¥1,570-  子宮頸癌検診・エコー・薬2種

2016.6.18    ¥3,840-   エストラーナテープ・エコー

2016.7.1      ¥14,130- エコー・テープ・血液検査・薬1種

 

 

現在  33W6D