わたしの不妊治療から妊娠に至るまで

不妊治療から妊娠、出産までの奮闘記です。

最後に

不妊治療とは、その人にしか分からない状況の中での戦いだと思います。

 

私の場合は仕事に打ち込むことで、考え過ぎるということを回避していました。

とは言っても、朝晩など暇な時間は、気がつくと検索魔になったり本を読んだり…。

 

また、どうしても子供の話しに過敏になってしまうということもありました。

誰にでも触れられたくない話題というものはあるはずだと割り切り、スッとその場を離れたり、(露骨だったかも知れないけれど)聞かれても話題を変えて、その場を乗り切りました。

 

SNSなどでもそうです。

辛いですよね…

そんなことないですか?

私は正直、次から次へと出て来る知り合いの赤ちゃんの写真や話題、辛かったです。

自分の心の余裕のなさに、ガッカリもしました。

そうしながらも、SNSは見なくなりました。

 

幸いだったことは、私の仲の良い友達はまだまだキャリアを積んでいる最中の子が多く、結婚や出産をしている子が少なかったので、友達付き合いはいつもと変わらず良いものでした^_^

 

私はほぼ最後まで誰にも治療の話しはしなかったので、仕事の話しだったり、関係のない話しが一番心地良かったのです。

 

そして感謝していること。

自分自身がこういった状況に置かれ、妊娠すること、継続すること、産まれること、産まれて来たこと。

何一つ、当たり前のことではないと日々、感じるようになったことです。

 

経験しなければ、絶対に分かることも、知ることもなかったであろう不妊治療という世界。

 

そもそも私は体外受精の意味すら全く知らなかった。

日本で出来るとも思っていなかったし、自分達の受精卵でするものとも思っていなかった。

 

そして治療を受けている日々の気持ち。

どんな思いで、病院に通っていたか。

毎日の不安。

痛みと向き合う恐怖。

治療費のこと。

 

不妊治療というものが、以前よりは近いものになって来たであろう中で、みなさんが想像するよりももっと辛い思いをしながら通院しているご夫婦、女性、男性がいるということ。

 

ブログの中で

【私の場合は】

という表現を多く使わせていただきましたが、不妊治療とは、本当にそれぞれの方が、それぞれの原因や状況下で努力されている。

一概にこうした方が良いとか、そんなものはアテにならないと私もよく分かっているつもりです。

ただ、感じたことをそのまま書き出していたため、不適切な言葉がありましたら申し訳ございません。

 

もし、私の経験がなんらかの役に立てれば幸いと思います。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

現在  35W5D